堀瓦工業トップページへ戻る堀瓦工業有限会社

HOME | 会社概要 | 太陽光発電について | HORI 瓦版 | お問合せ | プライバシーポリシー

堀瓦工業

HORI 瓦版(ブログ)|富山の屋根工事なら堀瓦工業

瓦についての豆知識や歴史と伝統に培われた奥深い瓦の世界をご紹介します。日々の屋根工事の施工実績の掲載もしています

堀瓦工業 堀ブログ

瓦の良さ

こんにちは

 

今日は、昨今

窓際に追いやられている瓦について少し説明したいと思います。

 

地震が来るたびに

重いだの、崩れるだのと嫌われる瓦

瓦が多いと言われる

ここ、北陸でも

新しい団地は

 

十件に一件ぐらいしか瓦屋根がありません。

ほとんどが鋼板屋根(板金屋根)です。

 

まあ、軽いにこしたことはありませんが・・・・・

 

当社も板金屋根はよく施工させていただきます。

 

軽くて、加工も容易で値段もそこそこ

そして、最近はSGL鋼板になり、25年穴あき保証がついていますので、

それは人気になります。とても良いものです。

 

最近は同じ屋根材として瓦と鋼板屋根が比べられますが、

自分はここが間違っていると思います。

 

本来、瓦と板金屋根材は比べるものではありません。

ヘビー級とライト級が勝負するようなものかと思います。

瓦が板金屋根材の真似をして

「軽量瓦」とか言っていますが、

全くお話になりません。

瓦は重いもの

軽くしては、瓦の良さが90%消えてしまいますね(-_-)

 

瓦の良さは、あくまで

焼き物

ということです。

 

精度が悪くて当たり前、

長く長く、長寿命な屋根材です。

 

最低25年はノーメンテナンス

焼きが強いものは100年越えても使えるのが瓦です。

しっかりと瓦の長所を生かして、

要所要所に使用したいと思います。

 

f:id:hrs119toshitaka:20171119132512j:plain

f:id:hrs119toshitaka:20171119132540j:plain

この瓦は弊社ギャラリー棟のポーチ屋根に使用した、

唯一最後の富山県産瓦(みのわツイン瓦)の試験焼き用の瓦です。

6回ほど窯に入って、焼かれています。

 

アホみたいに行儀が悪いですが、硬く強度はとても強いです。

見た目も大切ですが、瓦は耐久性も大事です。

とても良い瓦かと思います。

 

関連記事

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ